個人間融資

個人間融資に潜む罠!合法?違法?闇金じゃないの?

投稿日:

近年、浮き彫りになっている個人間融資。
この危険性についてまとめてみました。

個人間融資とは、その名の通り個人の間でお金の貸し借りをする事です。

銀行や消費者金融と違い、審査がない、交渉がしやすいという所が

最大のメリットと言えるでしょう。

ですが、その手軽さが逆に最大のデメリットとなり得ることも

覚えておかなければいけません。

 

 


個人間融資は合法か?違法か?

 

 

正規の消費者金融は、国に届出を行う必要があります。

金融業を行うにあたり、様々な制約や法律を守らなければいけません。

 

 

それに対し、闇金は届出を行いません。

違法金利で融資を行います。

また、実際に融資を餌に詐欺を仕掛けてきます。

最近は後者の方が闇金で、前者をソフト闇金と呼んでいます。

 

 

では、個人間融資は違法で闇金なのか?

実は個人間融資は「合法」に当てはまってしまいます。

 

なぜなら、ビジネスとして利息を得る事を前提としている

「金融業」に対し、個人間融資はあくまで「気持ちの返礼」となるからです。

 

 

 

下記に例を挙げてみます。

 

 

Aさんは友人BさんとCDを買いに行きました。

Aさんはついうっかり財布の中身を確認し忘れ、お金が足りませんでした。

どうしてもCDが欲しかったAさんは、Bさんに4,000円借りてCDを購入。

後日、お礼を兼ねて5,000円を返しました。

後日、お礼として少し多めに返して貰いました。

 

 

実際、利益が発生しているとはいえ

これらの関係性はビジネスではありません。

こんな細かい話はいちいち違法にしていられませんよね。

 

利益を目的としたお金の貸し借りが

金融業のルールになります。

 

ですので、個人間融資は

あくまで個人間での助け合いですので、違法にはなりません。

ボランティアの枠に入るのかもしれません。

 

 


個人間融資は安全か?

 

 

違法ではないからとはいえ、安全ではありません。

 

あくまで個人間による助け合いですよ。

ビジネスとしてやっているわけではありませんよ。

 

そんな事を言ったところで、掲示板で募集するくらいですから

完全に利益を求めていますよね。

助け合いでゴリ押す個人間融資は凄いと思います。

 

しかし、そんな法の目をかいくぐった個人間融資。

ここに闇金や詐欺師の魔の手がないはずがありません。

 

 


個人間融資の危険性

 

 

個人でお金を貸す代わりに、下記のような条件を

突き付けてくる連中もいます。

 

 

「返済能力の確認のために、先に3,000円振込んでくれ」

闇金がよく使う、補償金詐欺です。

このまま逃げられてしまいます。

 

 

「ノウハウを教えるので、携帯ショップに行ってくれ」

闇金がよく使う、白ロム詐欺です。

携帯電話を契約させられ、携帯電話を買い取るから送れと言われます。

買い取り額は振り込まれても雀の涙。

後に残るは多額のローンと、共犯者のレッテルです。

このような携帯電話の売買は法律で禁止されています。

 

「念のために個人情報を提出してほしい」

個人情報の流出による被害は計り知れません。

法に則っている正規の業者とは違います。

様々な詐欺に巻き込まれる可能性があります。

 

 

「融資をする代わりにサイトなどへの登録を強要」

こちらも個人情報流出の恐れがあります。

料金が発生してしまったり、別口からの詐欺被害に

遭ってしまう恐れがあります。

 

 

「肉体関係の強要」

お金に困っている弱みに付け込み、わいせつ行為に至るケースもあります。

お金を貸してくれないまま音信不通になったり、映像を記録されて

脅されてしまう恐れもあります。

 

 


安全に融資を得るためには?

 

犯罪に巻き込まれることなく、安全に融資を得るには

どんな事があっても法に則った基準であるべきです。

審査が面倒でも、厳しくても正規業者から借りてください。

 

悪意のある人間に個人情報が渡ると押し貸しや詐欺営業、

嫌がらせ等の闇金被害に遭う可能性が高まります。

お金に困っても闇金には絶対に関わらないようにしましょう。

 

借金生活を脱出できた副収入をメルマガにて紹介中です。

もし闇金に関わってしまった場合、弁護士に無料相談する事が出来ます。

安全な正規の融資先はこちらでも紹介しています。




-個人間融資
-

Copyright© 闇金ハンター , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.