2017年8月24日

【警察ではなく、弁護士へ相談する理由】

闇金、借金相談は必ず弁護士へ。

 

警察は民事不介入を名目に、悪事を働く人を放置し続けます。

上層部より降りてくるキャンペーンやノルマに手一杯で、民間人の事は考えてくれません。

 

 

警察は公務員であり、給料が保障されています。

新しい仕事は極力増やしたくないのです。

その結果、被害届や相談が出ているにもかかわらず、重大事件に繋がる事も多いわけです。

当然、人手不足やら正義感を失っていない警察官もいるのでしょう。

しかし全体的に見ると稀有な存在です。

 

 

一方、弁護士はどうでしょうか。

 

弁護士は報酬という目に見えてわかりやすい「お金」の力が働いているので、動きは早いです。

着手金を貰っていたり、成功報酬があったりとわかりやすい目標があります。

 

警察にはないのです。

 

どんな事件を解決しようが怠惰な日常を送ろうが、公務員で一定なのです。

 

以下は私が体験した、警察に都合の良い

民事不介入の事件のお話です。

 

 

 

電車内での日常茶飯事?迷惑行為の間違った対処


数年前、電車内のつまらない喧嘩で終電を途中下車したことがありました。

終電の混雑する車内で、酔っぱらって足を広げたサラリーマンの足を私が蹴った事が発端です。

酔っぱらったサラリーマンは私に暴力を振るい、掴み掛って二人は御用。

交番に連行される事となりました。

 

 

 

◆先に手を出した方が加害者となる。威力は関係ない


軽かったとはいえ、先に手を出した私が加害者となり、迷惑行為を働いていた

サラリーマンは被害者です。

ですが、サラリーマンに殴られた私は治療中の歯が取れてしまいました。

加害者である私が一方的に謝罪する事を警察から強要されました。

心がこもっていない謝り方では謝罪は受けいられるはずがないと説教されます。

手を出してしまった私が悪いのは当然ですが、迷惑行為を働いたサラリーマンは無傷、私は怪我をしています。

頑張って体裁を繕ったつもりでしたが、100%心がこもるわけがありません。

 

 

 

◆警察の言う民事不介入は自己都合


サラリーマンは尚も私を罵倒し続けます。

怪我の治療費の事を質問すると、警察官は言いました。

 

 

「警察は民事不介入だから」、と。

 

 

被害者と加害者の意見は平行線となり、終電を無くしたサラリーマンは言いました。

 

もうどうでもいいから、タクシー代をよこせと。

ダメならパトカーで送れと。

 

そこで困った警察官は私に持ちかけました。

 

 

「タクシー代を出せばこの件は解決するから、お金を出してくれ」、と。

 

 

先程は民事不介入と言ったばかりなのに、

警察が私にお金を出すように持ち掛けてきました。

 

こんな話は納得できるはずがありません。

私が頑なにそれを拒むと、いよいよ二人は警察署行きです。

 

 

 

◆署で完結された驚くべきやり取り


交番から警察署へと運ばれて行きました。

二人は別々の取調室に入れられ、調書を取られます。

強面の部長さんがやってきて、脅すような口調で言います。

 

下らない喧嘩だけど、ちゃんと償ってもらう。

わかるよな?と。

 

私は警察の態度が許せませんでした。

とは言え、私は加害者。

そこは反省し、全てを受け入れていました。

 

 

しかし数分後、隣の取調室が騒がしくなりました。

その後、部長さんがやってきました。

 

反省文を書いてもらったら帰っていいよと。

 

なぜか扉が開けっ放しだったので、隣の部屋の話は大体聞こえていました。

 

 

なんで俺被害者なのに会社に連絡されるんですか!!

 

 

酒に酔っぱらって起こした事件が怖かったのか

 

 

私を許さないというプライドよりも

世間体をとったのでしょう。

被害届は出さず、私を許した様子。

 

 

とは言え警察が動いた以上、何もせずに釈放というわけにはいきません。

そこで反省文というわけです。

 

担当警察からは適当に書いてくれていいと言われましたが、

私は解放感に任せて2枚書きました。

 

その後すぐに私は釈放。

新人サラリーマンは少し寝かせて酔いを覚ました後に釈放という事です。

 

 

 

ようは、警察は面倒事が嫌いなのです。

 

 

タダ働きしたくないと言ってるような感じです。

 

 

 

 

民事不介入と言いながら、金で解決が平和的だなんて

もってのほかです。

 

 

 

◆警察は正義の味方ではない


悲しい事に、警察官は正義の味方ではありません。

 

法の守り人なのです。

 

一方、弁護士はお金を払えば法律に向き合って戦ってくれます。

商売ですから、キッチリ仕事をこなしてくれます。

 

自分の給料を左右する事ですから、対応も当然早いです。

 

お役所仕事は頑張っても怠けても

給料は同じなのです。

インセンティブはありません。

 

親身になってくれるはずもありません。

 

借金地獄や闇金問題は

個人が極限のストレスの中で

助けを求めている事です。

 

警察はその辺考えてくれないばかりか、

説教すら垂れることもあります。

 

そこに意味はありません。

 

なので、余計なストレスを上乗せしてくる可能性が高いです。

 

弁護士はそれを不利益と思っていますので、

精神的に傷つけるような発言はしません。

 

精神的にも速度的にも、圧倒的に弁護士なのです。

 

「事件」であるならば警察ですが、

そこも弁護士の判断を仰いでからでも遅くはありません。

 

借金問題や闇金被害の相談は

ゼッタイに弁護士からにしましょう。

 

弁護士への相談は無料です。