2017年8月28日

【闇金ウシジマくんから学ぶ現実】

闇金ウシジマくんは漫画であり、フィクションです。

しかし、フィクションと侮ることなかれ。

 

この作品には学ぶべきリアルがあります。

 

 

◆作品中の演出とリアル


【演出1】闇金は事務所を構えない

ウシジマくんは、カウカウファイナンスという業者です。

住所を公開し、債務者を事務所に連れてきます。

面会して融資するスタイルです。

 

しかし現実には、事務所を公開していれば

足がつき、顔が割れれば捕まりやすくなります。

 

現在スタイルの闇金で事務所を持っているところは

ほぼありません。

 

 

【演出2】直接取立に行く

現在の闇金は、直接取立に行く事はありません。

顔が割れる事を防ぐ為です。

 

しかし、闇金に雇われた別人が

直接嫌がらせをしてくる可能性はあります。

不良だったり、借金の負担軽減を条件に

他の債務者を利用したりすることもあります。

 

 

 

【演出3】暴力を振るう

警察沙汰になっては、闇金として商売あがったりです。

極力事件にならないように工夫をしています。

なので、暴力を振るう事はおろか直接会う事がありません。

殴られたり刺されたりするような事はないのです。

 

ただし、電話越しによる恫喝・暴言等は日常茶飯事。

家や職場に出前を大量に送られたり、深夜に電話を鳴らされたりと

「嫌がらせ攻撃」は激しいです。

 

 

 

【演出4】怖いバックがついている

ついているところもありますが、殆どはついていません。

漫画の中でも語られていますが、上納金や付き合いなどの

デメリットが多いためです。

現代において、ここは極めて漫画的です。

 

 

 

 

◆作品中のリアル


【リアル1】借金をする人の傾向

これは断トツでリアルです。

借金をする人の傾向と人物像は

モデルがいるとしか思えない程です。

 

私は夜の仕事をやっていた事がありますが

この手の登場人物を数多く見てきました。

 

パチンコを始めとするギャンブル好き、風俗、水商売の人には

借金癖を持っている人が多くいます。

また、主婦にも旦那に内緒で借金する人が多く、

主婦・女性歓迎とターゲットを絞っている闇金も多く存在します。

 

 

【リアル2】弁護士に弱い

作中にそんなに多くは出てきませんが、やはり闇金は弁護士に弱いです。

逆に、警察には対策を練っています。

闇金被害に困った場合、弁護士に相談するのが最善です。

 

 

 

【リアル3】詐欺話がリアル

闇金ウシジマくんの中での闇金は、ここ最近の闇金とは違う。

その代わりに出てくる詐欺話はリアルなものが多く、

情報商材や株投資話なんかは筆者も身に覚えがある。

 

株投資詐欺なんてHYIPそのものの描写だった。

 

 

 

◆印象に残る登場人物


【丑島薫】

仕事とプライベートはキッチリ分けているが、信念は絶対に曲げない。

闇金業を生業として営んでいるため、客がどうなろうとも搾り取る。

ダメ人間に対して人情の欠片も見せず、仲間が問題を起こすと容赦なくシメる。

反面、男気を見せた人間や信用できる人間には意外と優しい人情派。

ぶっきらぼうだが、仲間への信頼感と面倒見はとても良い。

 

 

生活保護くんの佐古が自立の道を歩みだした時、

駅を探して歩こうとするやり取りがお気に入り。

 

「駅を探しています。遠いですか?」

「遠いよ。この道をまっすぐに歩けば着く。じゃあな」

 

甘やかさず、自分の脚で、自分の決めた道を歩かせる

男気のある優しさの持ち主。

 

 

暴力的な所を肯定するわけではないが、

粗暴な中にも思いやりと男気がある所が好感を持てる。

 

 

 

【宇津井優一】

フリーターくん※7巻~に登場。

日雇いフリーターで借金しながらパチスロで散財する日々を送る。

世間に対する愚痴が強く、嫉妬と妬みで生きており、非常にネガティブ。

ピーターパンシンドロームを描いた現代社会における、底辺の塊のような人物。

ギャンブルを辞めよう、明日から頑張ろうと何度も思うが辞めきれず、借金がかさむ。

ホームレスを体験し、強盗されて更に文無しになった時、母親が倒れた。

そこで両親と和解。

借金している母親に変わり、自分が返すと丑島に啖呵を斬った。

 

そこで丑島に男気を認められ、借金の完済を目指して

以前より幸せな家庭環境を送る事になる。

 

丑島により家庭環境が修復された、極めて珍しいお話。

 

 

 

 

 

【佐古彰】

生活保護くん※24巻~に登場。

無職で無気力、生活保護で寝るだけの生活を送る29歳。

ネットで知り合った友人と関わって行くうちに、ウシジマくんから借金する事になる。

卑屈で偏見なものの見方をしていたが、父の死をきっかけに立ち直って行く。

その影響は友人にも表れ始め、徐々に社会との信頼を構築していく。

闇金を完済した後、偶然ウシジマくんと出会って声を掛けられ、背中を押される。

 

ドン底から這い上がった人物で、将来的にも希望が持てる終わり方でした。

ダメな人間の本音を代弁してくれるので、読んでいて心が痛かったです。

 

彼のように悪癖を見直せられれば、少しカッコいいと思います。

 

 

 

【天生翔】

フリーエージェントくん※30巻~に登場。

秒速1億稼ぐ男として一時期話題になった、与沢翼がモデル。

別の人がモデルとは言わせない。

情報商材を販売しており、内容はかなりリアル。

被害者と成功者の側面を細かく描写しており、後日譚も

与沢翼そっくりの顛末を迎える。

 

情報商材で稼ごうとするアフィリエイターや、

簡単にお金を稼ごうと商材やツールを買う人に対する

リアルな注意喚起となる。

 

 

 

◆まとめ


闇金業者として、債務者としての情景をリアルを描いており

闇金の世界はこういうものだと想像できそうな世界観です。

 

しかし、現実には闇金はここまで大胆な行動はしません。

作中でも語られている通り、警察や特に弁護士には弱いです。

 

闇金に返済義務はありませんが、かといって最初から

借りパクするつもりだと、痛い目も見ます。

 

ストーリーにドンドンのめり込んでしまい、

胸が苦しくなってしまった事もありましたが

以下の点を学び取る事が出来ました。

 

 

・現実の闇金は直接的な暴力は振るわない

・人生崩壊レベルの嫌がらせや詐欺を行うのは同じ

・弁護士に弱い

・人生楽観の恐ろしさ

・借金根性の醜さ

・努力をしない金儲けの危うさ

 

 

 

読むと憂鬱になってしまう事もありますが

道が拓ける事もあるかと思います。

借金をやめたい人、解決したい人は面白い漫画だと思います。